\楽天ROOMでもお気に入りを紹介しています/

Windows Outlook メール自動セットアップ設定エラーの時の解決方法を解説

Windows Outlook メール自動設定エラーの時の解決方法
Windows Outlook メール自動設定エラーの時の解決方法

先日、Windowsパソコンを買い替えました。

メール送受信はOutlookを使っていたので、今回も新しいパソコンにOutlookの設定をしようとしましたが、なぜか設定がエラーとなり、設定ができずに困りました。

スマホの機種変更も昔にくらべたら格段にデータ移行がしやすくなりましたが、1歩設定を間違えると、その後の修正にとても手間がかかるようになったと思います。

今回は自動セットアップをするなかで、どこに問題があったのか、全く見当がつきませんでした。

Microsoftのヘルプデスクに助けを求めたところ、無事に解決に至りました。

その際に教えていただいたやり方を記録しておこうと思います。

Lucy

今まで何台もOutlookの設定してきたのに、なんで今回はうまくいかないの?

この記事は

  • WindowsパソコンでOutlookのメール設定が上手くいかず困っている方
  • Microsoft Outlookの自動セットアップができない時の対処方法が知りたい方

に向けた記事となっています。

Windowsのコントロールパネルから、Outlookの設定を起動することで、メール設定を手動ですることができます

目次

Microfoftのライセンス登録をする

今回購入したパソコンには、Microsoft Office Home&Businessのライセンスが搭載されていました。

OfficeHome&Bisiness
OfficeHome&Bisiness

メールの設定を始めるにあたって、まずはOfficeを使えるようにします。

今回はOutlookの設定をするので、Outlookを起動します。

パソコンを購入した時や、パソコンを初期化しOffice製品を使い始める時は、ライセンスキーの登録をする必要があります。
ライセンスキーの登録はExcelやWordで行っても問題ありません。

Lucy

ライセンス登録する時は、必ずインターネットに接続してください

自動セットアップを試してみる

Outlookを起動すると、メールアドレスを入力する画面が表示されます。

赤枠の中に設定したいメールアドレスを入力します。

詳細オプション「自分で自分のアカウントを手動で設定」にチェックを入れます。

すると、「接続」のボタンがクリックできるようになるので、「接続」をクリックします。

windows Outlook 自動セットアップのやり方
設定したいメールアドレスを入力します

次にアカウントの種類を選択する画面に移ります。

今回は、「POP」で設定するので「POP」をクリックしてください。

IMAPで設定されたい場合は、ここの画面でIMAPを選択してください

詳細設定でPOPかIMAPを選択します
今回はPOPを選択します

特に問題がなければ、これから先は画面の指示通りに設定を進めていくと、Outlookのメール設定は完了するのですが、今回はここの場面で「問題が発生しました」と、先に進めなくなりました。

POPとIMAPの違い

メール設定で「POP」を選ぶと、受信されたメールはパソコンに保存されます。
設定したパソコンだけでメールの送受信ができます。
Outlookの受信トレイからメールを削除後、改めてそのメールを見たくなった場合は、サーバーのメールを削除していなければ、サーバーの受信トレイを見ることで、削除したメールを確認することができます。

「IMAP」で設定した場合、受信されたメールはサーバー上に保存されます。
1つのメールアドレスを、「複数のパソコンで利用したい」「iPadとパソコン等で利用したい」など、複数の環境で利用したい場合は、IMAPで設定をしてください。
ただ、複数台のうちの1つデバイス上のOutlook受信トレイからメールを削除すると、すべての環境の受信トレイからそのメールは削除されてしまいます。(メールはサーバー上から削除されてしまいまうので、注意が必要です。)

コントロールパネルからOutlookの設定をす

コントロールパネルを開く

自動セットアップでエラーになりOutlookの設定ができない時は、コントロールパネルからメールの設定画面を開き、設定することができます。

コントロールパネルの簡単な開き方は、パソコンの画面に左下にある虫眼鏡のマーク(「ここに入力して検索」)欄に「con」と入力すればOK。

検索バーに「con」と入力してコントロールパネルを開きます
検索バーに「con」と入力してください

検索結果が表示され、コントロールパネルをすぐに開くことができます。

検索結果からコントロールパネルを「開く」
最も一致する検索結果が表示され、すぐにコントロールパネルを開くことができます。

ユーザーアカウントを開く

コントロールパネルが開いたら、「ユーザーアカウント」をクリックします。

ユーザーアカウントをクリックします
コントロールパネル

画面が切り替わります。

Mail(Microsoft Outlook)」という項目が表示されていますのでクリックします。

Mailのアイコンをクリックします
メールのマークがある箇所を選択してください

新しいウィンドゥが開きます。「電子メールアカウント」をクリックしてください。

電子メールアカウントをクリックします
電子メールアカウントを選択します

メールのアカウント設定画面が表示されました。

アカウント設定画面が表示されました
アカウント設定画面

アカウントを新規登録する

手動でアカウントを新規登録していきます。「新規(N)」をクリックしてください。

手動で電子メールアカウントを設定していきます
「新規」を押して、メール設定を始めます

アカウントの追加

画面が切り替わります。

自分で電子メールやその他のサービスを使うための設定をする(手動設定)(M)」にチェックを入れ、「次へ」をクリックします。

自分で電子メールやその他のサービスを使うための設定をする(手動設定)を選ぶ
自分で電子メールやその他のサービスを使うための設定をするを選びます

アカウントタイプの選択

POPまたはIMAPで(P)」にチェックを入れ「次へ」をクリックしてください。

POPまたはIMAPにチェックをいれて次へ
POPまたはIMAPを選択してください

アカウントの追加

アカウントの追加」の画面に切り替わります。

ご自身が契約しているプロバイダから届いている契約内容書(会員登録証等)を見ながら、各項目を入力をしてください。

ユーザー情報を入力していきます
メールアドレスや、パスワードを設定する画面になります

ユーザー情報

名前送信者として相手に通知したい名前を入力します
電子メールアドレスメールアドレスを入力します
ユーザ情報について

サーバー情報

アカウントの種類POP3を選択します
受信メール サーバーサーバーの契約内容書等を確認し、入力してください
送信メール サーバーサーバーの契約内容書等を確認し、入力してください
サーバー情報について

アカウントの種類について:アカウントタイプを「IMAP」設定を選ばれた方は「IMAP」を選択してください。

メール サーバーへのログオン情報

アカウント名メールアドレスを入力します
パスワードパスワードを入力します
メール サーバーがセキュリティで保護されたパスワード認証(SPA)に対応している場合には、チェック ボックスをオンにしてくださいチェックしない
アカウント情報について

入力後、次に「詳細設定」をクリックします

詳細設定をクリックします
詳細設定をクリックしてください

インターネット電子メール設定画面が開きます。

全般タブを選択し、「このアカウントを表す名前を入力してください」にアカウントの表示名が入力されていることを確認してください。

(1つ前のアカウントの追加で入力した表示名が自動で入力されているかと思います。入力がされていない場合は、メールアドレスを入力してください)

メールアカウントに表示名が入力されているか確認する
メールアドレスが入力されているか確認します

送信サーバー」のタブに切り替え、「送信サーバー(SMTP)は認証が必要」がチェックされ、「受信メール サーバーと同じ設定を使用する」が選択されていることを確認します。

送信サーバーは認証が必要にチェックを入れる
送信サーバーの設定を確認します

詳細設定のタブに切り替えます。

受信サーバー(POP3)と送信サーバー(SMTP)には、ご自身が契約しているサーバーの契約内容書(会員登録証等)に記載されている数字を入力してください。

使用する暗号化接続の種類(C)は「SSL/TLS」を選択してください。

詳細設定を入力する
受信と送信サーバーの数字は契約書類で確認してください

入力後は「OK」で画面を閉じます。

アカウント設定のテスト

画面が戻ります。「アカウント設定のテスト」をクリックしてください。

アカウント設定のテストをクリックします
全て入力後、アカウント設定のテストをしてください

問題なくテストが完了しましたら、「閉じる」をクリックして画面を閉じてください。

テストメールが正しくされるか試します
入力した内容に問題がないと、テストが完了します。

これでメールのアカウント設定が完了です。

アカウント設定完了画面
エラーがなければ、メール設定は完了です!

メール設定のテストがエラーになってしまう場合は、受信メールサーバー、送信メールサーバー、パスワード等、どこかの入力が間違っていることがあります。改めて入力箇所を確認してみてください。

IMAP」にてメール設定をし、テストメールが問題なく完了しても受信トレイにメールが受信されていない場合は、詳細設定のフォルダー:ルートフォルダーのパス(F):に、inboxと入力してみてください。

IMAPで受信トレイにメールが受信できない時は、inboxと入力する
IMAPで受信トレイにメールが受信できない時は、この設定をしてください。

IMAPはサーバーに受信メールを保存しているため、契約しているサーバーの容量を使い切ってしまった場合もOutlookのメール受信フォルダに受信できません

その場合は、サーバーのメール受信ボックスからメールを削除する必要があります。

まとめ

自動セットアップでエラーになってしまい、メール設定画面にたどり着けない時は、コントロールパネルからメール設定画面を開くことができると覚えておくといいですね。

ヘルプデスクの担当者さん、丁寧に案内してくださってありがとうございます!助かりました。

これも気がつかなかったのですが、パソコンに搭載されていたOffice製品には、60日の無料カスタマーサポートが付いていました!

ダメもとで、ヘルプデスクに電話をかけてよかったです。

パソコンに限らず電化製品を使い始めた頃の不具合は、迷わずヘルプデスクに電話をしたほうが早く問題が解決しますね。

「確認はいつでもいいや」と思って設定を先延ばしにしておくと、サポートが終了してしまう可能性もありますから。

意外と自分が知らないだけで無料カスタマーサポートが付いていたりします。

メール自動設定エラーの時の解決方法

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる