\楽天ROOMでもお気に入りを紹介しています/

2022年8月【エプソムカレッジマレーシア】サマーキャンプに参加しての体験記&感想

エプソムカレッジマレーシアのサマーキャンプ体験記2022

2022年8月、エプソムカレッジマレーシアの英語集中サマーキャンプに我が家の末っ子ちゃんが(参加当時の年齢は15歳・高校1年生)参加してきました。

末っ子ちゃん

当事者の体験談を話すよ

この記事は

  • エプソムカレッジ マレーシアのサマースクール、の体験談を知りたい方

にむけた記事となっています。

目次

エプソムカレッジ マレーシア

エプソム・カレッジ・イン・マレーシア (ECiM) は2014 年に設立され、ECUKの教育哲学を国際的な生徒と共有するというビジョンを掲げています。クアラルンプール南部、バンダル・エンステック位置する50エーカーの敷地で、3歳から19歳までの生徒に最高の英国式教育を提供しています。

https://www.epsomcollege.edu.my/jp/about-epsom/history-epsom-college-in-malaysia/
エプソムカレッジマレーシア
エプソムカレッジマレーシア

エプソムカレッジ マレーシア サマーキャンプ

エプソムのブリティッシュ・サマースクールプログラムは英語の能力を問わず8歳から16歳までの生徒さんを対象にしています。このプログラムの主な目的は、この濃縮された短期間のプログラムの間に生徒さんの英語力をできるだけ熟達させることです。私たちのプログラムでは教室の中の授業を通じて、そして教室の外でも各種アクティビティを通じて英語に深く没頭できる環境を作りだします。それによって生徒は多様な文化背景を持つクラスメイトたちと安全で守られた環境の中で交流を持ち、学びと楽しみを通じて英語を学ぶことができます。

https://www.epsomcollege.edu.my/jp/holiday-courses/summer-school/

コロナの影響で2020年、2021年はサマーキャンプの開催はありませんでしたが、今年は2年ぶりに開催されました。

参加したきっかけ

「母子でマレーシアに教育移住」という言葉を知るきっかけになったワクワク海外移住さんのブログ。

私自身海外には興味があり、我が家の3姉妹には、きっかけがあれば海外でも生活できるような人になってもらいたいなぁという(親の勝手な)希望をもちつつ、日々を過ごしていましした。

「母子教育移住」にも興味はありましたが、我が家の3姉妹が行くにはむずかしい年齢に。

この時末っ子ちゃんはすでに中学2年生。

中学生ともなると本人が強く希望しない留学は失敗の予感しかありません。

親の意向で行かせても絶対に失敗するのは目に見えている…。

姉二人も大学生・高校3年生と自分自身の進路は自分で決めて進学するタイミング。

子どもたちに留学をススメても親の希望ではどうにもならない年齢です。

そんな2020年の春。

ワクワク海外移住さんのブログで、マレーシアのエプソムカレッジで夏休み期間に行われるサマーキャンプがあることを知りました。

対象年齢は13歳まで。ちょうど末っ子ちゃんはギリギリ参加可能の年齢。

少しでも日本と違う環境で生活し、海外に興味を持ってもらえればと思い、そして中3になると高校受験のための準備が忙しくなるため、夏休み期間に短期留学をするには最後のチャンスの年だと思い参加をすすめてみました。

映画ハリーポッターを見ていたので、寮生活のイメージってあんな感じ?と勝手にイメージし、楽しそうに交流している昨年のサマーキャンプのパンフレットを見せつつ、(あんな寮生活は楽しそうだよね!と背中を押しました…w)。

また日本以外からの参加者も多いようで「世界中に友達ができるよ!」と「楽しさ」を前面にアピールしたところ、本人からの「行く」という言葉。

末っ子ちゃんの初海外留学が決まった瞬間です。

Lucy

本人の「行く」は絶対に必要だと思ってます

コロナで中止

RM9,800を支払いをし、オンラインでクラス分けテストを完了した頃、コロナウィルスの世界的蔓延に伴い、マレーシアへの渡航も禁止。もちろんサマースクールは中止となりました。

2022年サマースクール再チャレンジ

マレーシア国内の行動制限も徐々に緩和された2022年4月、2年ぶりにエプソムマレーシアのサマーキャンプが再開されると発表がありました。

すでに末っ子ちゃんは高校1年生。

再開を知らせると、2年前に参加できなかった心残りがあったようで

末っ子ちゃん

行ってみる

とのこと。

2020年のプログラムの参加資格は10歳~14歳までだったのですが、今回の参加資格は8歳〜16歳。

対象年齢の幅がひろがり高校1年生でも参加可能。

コロナ直前のサマーキャンプに参加できなかった子も対象としてくれた措置なのでしょうか?

ともかく、20日間のマレーシア行き、サマーキャンプへの再チャレンジすることとなりました。

日本での英語テスト

サマーキャンプでは、子どもの英語力に合わせてクラス分けがされるそうです。

エプソムの指示のもと、オンラインで英語のクラス分けテストを受けました。

結果我が家の末っ子ちゃんの英語クラスはレベル2でした。

サマースクール専用エアアジア・特別フライト

エプソムのサマーキャンプの参加者専用のエアアジア便
特別フライト

なんと今回、サマースクールに参加する子ども専用のエアアジア便が用意されました。

エアアジアのCEOは、イギリスのエプソムで学んだことがあり、マレーシアでエプソムを開校するのに尽力したトニー・フェルナンデス氏。

その人のパワーが炸裂したのか(は知りませんが…)、通常のフライト情報には出ない特別便。

搭乗者全員がエプソムのサマーキャンプの参加者。

羽田空港から学校まで全員一緒に連れて行ってくれるので、安心して送り出すことができました。

羽田の出国ゲートを通過した後は本人が1人で行動することになりますが、同じ便でマレーシアに行く参加者が多かったので、親と別れてからも「ひとりじゃない」という多少の心強さはあったのではないでしょうか。

往復とも日本人スタッフの付き添いがありました!

搭乗手続きについて

出発3・4日前に、突然のフライト日時変更の連絡が届きました。

出発が1日延期です。

遠方から来る方は突然のスケジュール変更で、何かと調整が大変だった気がします…。

出発時、マレーシアを訪れる人は全員、MySejahteraというアプリ(トラベラーズカード)の登録・確認が必須でした。

(2022年8月からこのトラベラーズカードの登録は廃止されています。)

搭乗手続きの際、チェックインカウンターでこの登録をしているか確認する必要があり、この確認にとても時間がかかっていました。

搭乗時間に間に合わない参加者が出てくるのでは…というほどでした。

チェックインカウンターは長蛇の列でした
末っ子ちゃんが出発ゲートをくぐった後も長蛇の列……

飛び立ったのは予定時間より1時間程度遅れていました。

Flightradar24の画面
エプソム便はD7523

持って行ったもの

持ち物リストはエプソムから指示がありますが、それ以外で持参してよかったものをご紹介します。

延長コード

マレーシアのコンセントの口は日本と異なるため、変換器になる延長コードを持参しました。

これをマレーシアのコンセントにさせば、あとは日本と同じスタイルで電化製品をつかえるので小さいお子さんでも簡単に使うことができるのでお勧めです。

ドライヤー&ヘアアイロン

部屋にはドライヤーはありません。各自で持参していく必要があります。

ラップタオル

バスタオルにとラップタオルを3枚持参しました。

下記の商品は止めボタンがついている間隔が広すぎたため、追加で手芸用のマジックテープを縫い付けました。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

マジックテープ 50ミリ巾 粘着用
価格:220円(税込、送料別) (2022/9/2時点)


iPad mini

マレーシア入国にMySejahteraというアプリの登録が必須だったため、参加者は全員スマホが必須の持ち物でした。

スマートフォンでも十分にコトは足りますが、画面が大きいほうが調べものもしやすいと思い持っていきました。

管理は自己責任となるので、紛失などには注意してくださいね。

※校内はwifiが利用できます

ミニハンガー

我が家の場合は、高校1年生ということもあり下着などはシャワーの時に自分で洗濯をしていました。

ミニピンチハンガーは持参し、干していました。

コロナ陽性時、洗濯サービスの対応はなかったです。

体温計

コロナ禍という環境下では、体温計は必須アイテムです。

いらなかったもの

メイク用品

我が家は2人の大学生の姉の影響をかなりうけているので、高校生になったとたんにメイクをしはじめました。

「外出時はメイクをしたい!」と言い、張り切って持参していきましたが、全く使わなかったそうです(笑)

基礎化粧品は使ったようですが、メイク用品を持っていくくらいなら「お菓子」を持っていけばよかったと帰国後にはなしてくれました。

Lucy

とくに1週間はコロナ隔離だったしね

シムカードについて

校内ではフリーwifiが利用できますが、遠足などで学校外にいるときはマレーシアで使えるシムカードが必要です。

日本からAmazon等で事前に購入していくこともできます。

今回、エプソムで参加者全員にシムカードを用意してくれるとの事前説明があったので、個人で準備はしませんでした。

しかし学校から配られたシムカードを利用するにはクレジットカードの登録が必須だったとのこと。

結局、子どもたちはクレジットカードを登録することができなかったので、配布されたシムカードを使う子はいなかったようです。

我が家の末っ子ちゃんは、日本ではahamoを契約しています。ahamoのサイトをみるとマレーシアでも利用可能とあり、マレーシアで接続を試みましたが、うまく電波をつかむことができなかったとのことでした。

どうしても学校外でネットを使いたい場合は、日本で購入し持参していくのがベター。

学校外でスマホを使う機会はとても少ないので、20日間はデジタルデトックスさせるのもいいと思います

iPhoneの方はシムを交換するピンを忘れずに!

エプソムカレッジマレーシアサマーキャンプ体験記2022

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次